“アフリカのシャビ”の移籍先がなぜフラム? 「彼にはバルサ、アーセナル、レアルなどが興味示していたが……」

フラムに移籍したセリ photo/Getty Images

1シーズンで変わった評価

アフリカのシャビと呼ばれるほど評判あるMFだったコートジボワール代表のジャン・ミシェル・セリは、今夏にニースからフラムに移籍することが決定した。セリは今夏注目選手の1人だったが、プレミアリーグに昇格してきたフラムが移籍先だったことに拍子抜けしてしまった人も多いのではないだろうか。

セリは昨夏バルセロナ移籍に近づいていた選手で、バルセロナ以外にも多くのビッグクラブが関心を示してきた。2016-17シーズンにニースはリーグ・アンで3位に入っており、セリもチームの主力だ。ビッグクラブがニースの選手に関心を寄せるのは当然の流れだ。セリも順当にステップアップするはずだったのだが、なぜか移籍先はフラムとなった。

その原因について、ボーンマスなどでスカウトも務めたデイビッド・ウェブ氏は英『sky SPORTS』に対して次のように語っている。

「2016-17シーズンのニースは非常に印象的なシーズンを過ごし、チャンピオンズリーグ出場権を獲得した。セリも主力の1人であり、中盤の指揮者だった。彼にはバルセロナ、アーセナル、チェルシー、レアル・マドリード、バイエルンなど多くのビッグクラブが興味を示していた。ただ、良いシーズンを過ごしたニースはトッププレイヤーの放出を嫌がった。そして次のシーズン、彼のパフォーマンスは2016-17シーズンと同じものではなかった。チームも同様に上手くいっていなかったからだ。2016-17シーズンとの違いから、ビッグクラブは彼への興味が冷めていったんだ」

サッカー選手の評価とはたった1シーズンで大きく変わってしまう。昨夏セリは大いに市場を賑わせたが、今夏はひっそりとフラムに移籍することになった。もちろんフラムで好パフォーマンスを見せて復活することも可能だが、昇格してきたばかりのチームでどこまでインパクトを残せるだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ