S・ラモスがまた暴行? エルボーを受けたのは……

勇猛果敢なプレイが持ち味のラモスだが...... photo/Getty Images

標的は選手ではなく......

スペイン代表の主将としてロシアW杯に挑んでいるセルヒオ・ラモスだが、20日に行われたグループリーグ第2節(イラン戦)でのある行為が話題を呼んでいる。
 
同選手はイラン戦の16分に敵陣に侵入。アンドレス・イニエスタからのパスを受けるべく後方から走り込んだが、主審と接触した。『EUROSPORT』はこの際に同選手が主審の頭部付近にエルボーを見舞ったと報道。「相手選手だろうが審判だろうが、彼は自分の行く手を阻む者に対しては一歩も引かないようだ」と、写真つきでラモスの荒々しいプレイぶりを伝えた。

先月に行われたUEFAチャンピオンズリーグ決勝(リヴァプール戦)でもモハメド・サラーやロリス・カリウスを負傷させるなど、物議を醸すプレイが多いラモス。ビデオアシスタントレフェリーが導入されているロシアW杯で不用意なファウルは禁物だが、自制心を保てるだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.229 激闘必至のCLラウンド16を完全予想
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ