サラー、リーグ戦の残り試合“出場停止”の可能性も 一体なぜ?[映像アリ]

ゴールを量産しているサラー(写真手前) photo/Getty Images

ストーク戦での行為が問題に

今季のプレミアリーグで31得点を記録しているFWモハメド・サラー(リヴァプール)。同リーグの得点ランキングで首位をひた走る同選手だが、暗雲が漂っている。

同選手は28日に行われた同リーグ第36節(ストーク戦)に出場したものの、相手DFブルーノ・マルティンス・インディに暴行を加えようとしていたことが英『Mirror』で明らかに。インディの顔面にパンチを見舞おうとしているサラーの映像は各方面で配信されており、イングランドサッカー協会(FA)より3試合の出場停止を命じられる可能性があることが同メディアで伝えられた。

サラーの前述の処分が確定し、得点ランキングで2位につけるハリー・ケイン(トッテナム/現26得点)が残り試合で大量点を奪った場合、順位が入れ替わる。これまで大車輪の活躍を見せていたサラーだが、自身の軽率な振る舞いにより個人タイトル獲得の可能性を閉ざしてしまうのだろうか。FAの判断を待ちたいところだ。



参照元:youtube






記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ