サラーだけじゃない 今季大爆発しているフィルミーノが記録する驚異の数字

リヴァプールのフィルミーノ photo/Getty Images

昨季、一昨季を大きく上回る

先日リヴァプールと新たに長期契約を結んだFWロベルト・フィルミーノは、どこかチームの主役になりきれないところがある。これまではフィリペ・コウチーニョがスターで、今は得点を量産するモハメド・サラーが主役だ。

しかし英『FourFourTwo』は、今季のフィルミーノがキャリア最高の状態にあると指摘。もっと称賛の声を集めても不思議ではないと感じているようだ。

何より目を引くのは得点に関与する機会が爆発的に増えたことだ。今季はサラーに引っ張られる形でフィルミーノも得点を量産しており、ここまで全てのコンペティションを含めて27の得点を記録。これはキャリアハイの数字で、昨季は12得点、一昨季は11得点だった。

アシストも含めると今季のフィルミーノは27得点15アシストで42のゴールに絡んでいることになる。昨季と一昨季を合わせても40ゴールのため、今季の飛躍ぶりは驚きだ。純粋なセンターフォワードではないものの、この得点数を見れば十分点取り屋として計算できる。

ブラジル代表でもガブリエウ・ジェズスの存在が大きく、フィルミーノは適切な評価を得ていないところがある。しかし守備の貢献度を含め、世界トップクラスのFWなのは間違いないだろう。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.256 頼れる大ベテラン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ