長谷部の“エルボー”を受けたヘルタFWがコメント 何を言った?

退場を命じられた長谷部 photo/Getty Images

「彼から電話がかかってきた」

21日にブンデスリーガの第31節が行われ、フランクフルトがヘルタ・ベルリンに0-3で敗れた。なお、同試合に先発したフランクフルトのMF長谷部誠は79分に相手FWダヴィー・ゼルケに肘打ちを見舞い、退場を命じられている。

ゼルケは同試合終了後に一連の騒動について言及。長谷部より謝罪を受けたことを明かした。独『BZ』が伝えている。

「あの場面では長谷部のエルボーをもろに受けてしまった。痛みがとれず、交代せざるを得なかったのは残念だよ。もっと酷かったのは試合後さ。あんな状況なのに、ドーピング検査に行かなければならなかったんだからね。試合後に彼から電話がかかってきて、彼は謝ってくれた。これはなかなかできることじゃない。本当に偉大な振る舞いだよ。僕は怒ってはいないし、これ以上事を荒立てるつもりもない。これもフットボールの一部だからね」

相手選手の寛大な対応により、ひとまず事なきを得た長谷部。同じような行為を繰り返さないためにも、今一度冷静にプレイしたいところだ。


●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.224 激闘だらけのロシアW杯を振り返る
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ