ローマ戦へバルセロナの守備大丈夫? セビージャ相手に20本以上のシュートを打たれたことにスペイン紙は

セビージャに2失点したバルセロナ photo/Getty Images

2失点で済んだのは幸運

今季のバルセロナはFWリオネル・メッシが爆発していることも大きいが、何よりの強みは守備が安定していることだった。昨季までの[4-3-3]に加えて[4-4-2]のシステムも積極的に採用し、ジェラール・ピケとサミュエル・ウムティティのセンターバックコンビを中心に堅い守備を築いていたことが3冠獲得の可能性まで残している理由だ。

しかし、今節のセビージャ戦では代表戦の疲労もあったのか大量にシュートを打たれて2失点している。スペイン『MARCA』は「欧州最高の守備がセビージャ相手に崩壊した」と伝えているが、そう表現されても
仕方がないほどバルセロナは攻め込まれた。

先に2点を奪われて前がかりになったことも関係しているが、セビージャに何度もカウンターを喰らって計21本ものシュートを許している。幸い枠内シュートが6本だけだったので助かったが、同メディアは「セビージャはもっと得点を決めておくべきだった」と伝えており、バルセロナは2失点以上してもおかしくなかった。

4日にはチャンピオンズリーグ準々決勝・ローマ戦1stレグが控えており、同メディアはこの守備で大丈夫なのかと不安視している。ローマとの対戦はクジ運が良いとする意見もあるが、バルセロナはもう1度守備を安定させることができるのか。安定した守備が今季ここまでの成功を支えているだけに、セビージャ戦の内容はやや不安なものとなっている。


●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.226 [ポジション別ランキング]今、欧州の闘いを熱くする選手は誰だ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ