再びラウンド16で相まみえる? 日本がベルギーと対戦する可能性。”絶不調”因縁の相手に勝機アリ

ロシアでの悔しさを知る吉田麻也や長友佑都が日本に歓喜を呼び込むか photo/Getty images

「ロストフの悲劇」の記憶を塗り替えたい

日本がグループステージ初戦でドイツを破ったことで決勝トーナメント進出の可能性が高まった。続く2戦目でコスタリカに勝利すれば勝ち点6、裏のカードでスペインがドイツを破れば、日本とスペインのラウンド16入りが決まることになる。

日本が所属するグループEから決勝トーナメントに進む場合、グループFを抜けてきたどちらかのチームと対戦することになる。グループFはベルギー、クロアチア、モロッコ、カナダの4チームとなっており、ベルギーとクロアチアの決勝トーナメント行きが濃厚だ。

『Nielsen』ではグループステージの勝敗など様々なデータをもとに決勝トーナメントへ進むチームを予想している。新たに入ってくる情報も加味されており、1日ごとに予想が変わっている。
23日には日本がドイツを撃破しており、そのデータが加わって日本がグループEの2位通過で決勝トーナメントへ進むという予想に現時点ではなっている。その対戦相手はグループFを首位で通過してくる可能性が高いベルギーだ。

ベルギーといえば前回のワールドカップ・ロシア大会で日本はラウンド16で対戦している。そのゲームでは原口元気、乾貴士のゴールで大きなリードを得るも、最終的に3ゴールを決められ3-2とベルギーが逆転勝利している。その出来事は「ロストフの悲劇」と呼ばれ語り継がれている。

再戦となれば盛り上がりは間違いない。日本としてはリベンジに燃えており、勝てば念願のベスト8進出となるからだ。吉田麻也や長友佑都ら前回を知る選手もおり、モチベーションはさらに高まる。

今回のベルギーはつけ入る隙のあるチームだ。

ベルギーは主力の高齢化が指摘されている。ロシアで3位となった際のメンバーがそのまま残っており、彼らを脅かす新世代は台頭できていない。しかも攻撃の核であるロメル・ルカクは現在負傷中で、エデン・アザールは絶不調。変わらないのはケビン・デ・ブライネとティボー・クルトワくらいであり、今の日本であれば勝機はある。グループステージ初戦ではカナダ相手に勝利したが、それもギリギリでの勝利と、以前のような圧倒的な強さはない。

そのためにもまずはコスタリカ戦で勝ち点3を獲得する必要がある。ドイツ戦のような守る展開にはならないと予想でき、また戦い方が変わる。日本は明らかにこのW杯に抜けて秘策を用意しており、コスタリカ戦ではどのような戦いが見られるのか注目だ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.275 カタールW杯GS展望

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ