名古屋移籍後初得点となったレオ・シルバ 強さと上手さで奪った同点ゴール

移籍後初ゴールのレオ・シルバ photo/Getty Images

67分に同点ゴールを決める

北海道コンサドーレ札幌はJ1第23節で名古屋グランパスと対戦して2-2のドローで終了した。名古屋の同点ゴールを奪った男は、移籍後初得点となったレオ・シルバである。

札幌に1点を奪われて後半を迎えた名古屋は、左サイドから活路を見出して67分に同点弾を挙げる。左サイドから新加入の永井謙佑のパスを受けたレオ・シルバが相手の守備をかわして右足を一閃。強烈なシュートがゴールに吸い込まれて勝敗をイーブンに戻す。

ペナルティエリア角左の永井からのパスを受けると、レオ・シルバは勢いをもってエリア内へと侵入していく。そこでも足元の技術の高さを十分に発揮してプレスにくるDFも華麗にフェイトでかわして勢いのままシュートを放った。強さと上手さどちらも併せ持ったレオ・シルバのハイレベルなゴールだったといえる。

今季から名古屋へと加入したレオ・シルバは、公式戦27試合目にして移籍後初ゴールをゲットした。ここまで浮上することができず厳しいシーズンを送るチームだが、百戦錬磨の男が中盤からチームをけん引しており、高精度のパスや守備で名古屋を支えているのだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.272 ラ・リーガ新2強時代へ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:未分類

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ