ポルトガル代表通算《112試合出場》の鉄人 人気衰えぬナニに浮上する豪州プラン

昨季後半戦はセリエAで過ごしたナニ photo/Getty Images

ベテランになってからはMLSでも結果を出してきた

イタリアへ戻っていたことを知らなかった人もいたかもしれない。今冬にアメリカを離れ、セリエAのヴェネツィアへ向かったのは元ポルトガル代表FWナニだ。

マンチェスター・ユナイテッドでも長く活躍したナニは、昨季ヴェネツィアの選手としてリーグ戦10試合に出場。目立った結果を残せぬままチームも最下位でセリエBへ降格することになったが、ナニは35歳ながら驚異の肉体を維持している。

英『Daily Mail』によれば、現在ナニにオーストラリアのメルボルン・ビクトリーが関心を示しているという。スター選手の獲得でリーグを盛り上げたいオーストラリアにとって、マンUやポルトガル代表で活躍してきたナニは魅力的だろう。

ナニは大きな怪我が少ないことも特長的だ。2019年に欧州を離れてアメリカのオーランド・シティと契約したナニは、MLSでもキャプテンマークを巻いて躍動。2020-21シーズンにはリーグ戦28試合で10ゴール7アシストと見事な成績を残している。

クリスティアーノ・ロナウドやリカルド・クアレスマと世代が近いこともあり、ポルトガル代表でもややスポットが当たりにくいところはあった。しかし、ナニも若くから評価されてきたアタッカーであり、代表でも通算112試合に出場してきた。怪我の少なさや鍛え抜かれた肉体など、ロナウドと共通点を感じさせる選手だ。

MLSで披露していたパフォーマンスを考えれば、アジアでまだまだ結果を残すことは可能だろう。メルボルン・ビクトリーは国内リーグで2位と好調で、それこそアジアチャンピオンズリーグでもナニを見てみたい。新たなチャレンジが実現するか注目だ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.272 ラ・リーガ新2強時代へ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ