来季もリヴァプールの“クローザー”に 30代後半でも黄金期を支える鉄人

FA杯決勝でPKを成功させたミルナー photo/Getty Images

今季で加入7シーズン目を戦うミルナー

カラバオカップに続き、FAカップも制したリヴァプールは、UEFAチャンピオンズリーグとプレミアリーグも優勝の可能性を残しており、4冠を目指すシーズンを戦っている。そんなチームを支えているのは36歳の鉄人だ。

その男はジェイムズ・ミルナーである。2015-16シーズンにマンチェスター・シティを退団し、フリーでリヴァプールへと加入したミルナーは、同年途中から就任したユルゲン・クロップ監督の下で左サイドバックや左サイドハーフにインサイドハーフと様々なポジションでチームに貢献。数々のタイトルを獲得したチームで欠かせない存在となった。

そして36歳となった今季も、縁の下の力持ちとしてリヴァプールを支えているミルナー。先発出場は減ったものの、チームが勝利している終盤に投入され、そのまま試合を終わらせるクローザーとしての役割を全う。プレミアリーグ22試合に出場して勝利に貢献しているのだ。

また120分の総力戦となったFAカップでは、ナビ・ケイタに代わってインサイドハーフで中盤の強度を高めており、PK戦でも1人目のキッカーとして成功させるなど、タイトル獲得にもしっかり貢献している。地元紙『Liverpool Echo』などですでに来季の契約延長の噂も出ているミルナーは、30代後半になってもリヴァプールに必要な人材である。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.270 欧州4大リーグ2021-22

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ