仏へ戻って僅か“3ゴール”…… 本田圭佑ともミランで共闘したセネガルのニアングは今どこへ

レンヌでは活躍したニアングだが…… photo/Getty Images

クラブとともに苦いシーズンを過ごす

過去にはミランで本田圭祐と共闘し、2018年のワールドカップではセネガル代表の主力として日本戦を含むグループステージ3試合に先発して1ゴール1アシストの成績を残したアタッカーが苦しんでいる。

ここ最近話題になっていないのが、27歳のFWエムバイェ・ニアングだ。

188cmの長身ながら足下の技術も高いニアングは、若い頃より名門ミランで期待を集めていた。2015-16シーズンには8ゴールを記録するなど、その活躍を記憶している人は多いはず。

そのニアングが今どこにいるのかというと、リーグ・アンからの降格がほぼ確実となりつつあるボルドーだ。ニアングは現在最下位に沈んでいるボルドーに今季より加入したのだが、ここまでリーグ戦では3ゴールしか決めていない。チームを助けることはできず、ボルドーはクラブ史に残る悲惨なシーズンを過ごしている。

まだ27歳と若いが、セネガル代表からも離れている。最後の出場は2019年の11月となっており、ニアングは今冬のアフリカ・ネーションズカップ制覇の歓喜を味わうことは出来なかった。ミランでプレイしていた当時から考えると、現状は寂しい。

2019-20シーズンには同じフランスのレンヌでリーグ戦10ゴールを挙げるなど結果も出していたが、続く2020-21シーズンからはサウジアラビアのアル・アハリにレンタル移籍するなど状況が変わってしまった。

ボルドーが2部へ降格すれば動きがあるはずだが、27歳のニアングのキャリアはどうなっていくのか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.270 欧州4大リーグ2021-22

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ