ヴラホビッチ、ミトロビッチが強力すぎて“セルビア代表3番手” W杯でのヨビッチ復活へ勝負の夏

レアルでは出番ないヨビッチ photo/Getty Images

セルビア代表での序列はピンチだ

ワールドカップ・カタール大会へ巻き返しは可能だろうか。欧州予選でポルトガル代表を抑えて首位通過を果たし、カタールへの切符を掴んだドラガン・ストイコビッチ率いるセルビア代表の前線に注目したい。

今夏に勝負の時を迎えるのは、レアル・マドリードでまるで出番のないFWルカ・ヨビッチだ。今季のプレイタイムは僅か473分間となっており、これだけクラブで出番がなければ代表でも定位置は任せられない。

2020年まではヨビッチもセルビア代表の主力だったが、今はユヴェントスに所属するドゥシャン・ヴラホビッチに加え、イングランド2部のフラムでゴールを量産するアレクサンダル・ミトロビッチの2人が好調だ。欧州予選ではヴラホビッチが1番手、さらにストイコビッチはミトロビッチとヴラホビッチの2トップを先発させることもあった。

その際ヨビッチはベンチを温めており、今のところはセンターフォワード3番手といったところだろう。レアルに所属するFWが3番手とは、セルビア代表の前線も侮れない。

ヨビッチもポテンシャルは確かなはずで、スペイン『as』はヨビッチが今夏にブンデスリーガ復帰を望んでいると伝えている。ヨビッチはドイツのフランクフルトで大ブレイクした選手で、慣れ親しんだブンデスリーガに戻るのは理想のシナリオだろう。

ワールドカップ本番まで時間がたっぷり残されているわけではないが、セルビア代表としてもヨビッチを計算できるピースにしたい。現状は受け入れられないものであり、今夏の移籍からヨビッチ完全復活が望まれる。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ