最後方で抜群の安定感を誇るベテランGK 今季のナポリに欠かせないオスピナの貢献

今季のナポリで頼もしいパフォーマンスを継続して披露しているオスピナ photo/Getty Images

チームを安定させるパフォーマンス

現地時間27日に行われたリーグ戦第27節のラツィオ戦に2-1で勝利し、昨年12月以来となるセリエA首位に浮上したのがナポリだ。ACミランとの勝ち点差はゼロ、そして1試合消化の少ないインテルとは2ポイント差。まだ油断はできない状況だが、南イタリアの名門は1989-90シーズン以来となるスクデット獲得に向けて大きく前進したと言っていい。

そんなナポリで非常に印象的な活躍を見せているのが、チームを最後方から支えるコロンビア代表GKダビド・オスピナ(33)だ。今季アレックス・メレトに代わって正守護神の座を射止めたベテランGK。データサイト『SofaScore』によると、同選手はここまでの出場23試合でリーグ2位となるセーブ率(78.9%)を誇っている。彼の堅実なパフォーマンスがあるからこそ、ナポリの後方には安心感が生まれていると言っていい。

そして、そのオスピナの安定したパフォーマンスはラツィオ戦でも見て取れた。この大事な一戦でナポリは相手に何度かヒヤリとする場面を作られるも、このベテラン守護神はそれをことごとく防いでみせたのだ。終了間際には痛恨の同点ゴールを被弾してしまったが、これはラツィオFWペドロ・ロドリゲスのシュートがスーパーだったと言うほかない。止められるシュートはすべてセーブしており、その姿に改めて頼もしさを感じたファンも少なくないだろう。

チームの最後方に君臨する頼もしきベテランGK。ほかにも優秀な選手は多いが、オスピナの安定感も今季のナポリにとっては欠かせない要素のひとつだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ