久保建英の問題ではなく、ライバルが豪華すぎる 銀河系軍団の“ウイング1番手”への道険し

マジョルカで技を磨く久保 photo/Getty Images

右も左もワールドクラスだらけ

レアル・マドリードの両翼を担うのがどれだけ大変なことなのか。改めてその壁の高さを思い知らされる。

気になるのは、将来的に日本代表MF久保建英がレアルでポジションを確保出来るかどうかだ。将来と言っても時間がたっぷり残されているとの確証はないが、2019年の夏にレアルと契約を結んだ久保には銀河系軍団でのポジション奪取が期待されているのだ。レアルと契約を結んでからは、マジョルカ、ビジャレアル、ヘタフェ、そして再びマジョルカとレンタル移籍を継続し、銀河系軍団の一員となる日のために技を磨いてきた。

だが、レアルの前線はいつの時代も豪華だ。久保の能力が物足りないというより、ライバルが凄すぎると言った方がいいだろう。

レフティーの久保がプレイするなら右のウイングとなるだろうが、レアル専門メディア『The Real Champs』も久保が割って入るのは現実的ではないとの見方を示す。

仮に今季終了後にFWガレス・ベイルが抜けたとしても、右のウイングにはマルコ・アセンシオに加えてロドリゴ・ゴエスもいる。左を見ればヴィニシウス・ジュニオールが覚醒しており、来季からはパリ・サンジェルマンFWキリアン・ムバッペが合流する可能性まで噂されている。

レアルからミランにレンタル移籍しているMFブラヒム・ディアスもテクニシャンとして忘れることはできない。ディアスもイタリアの地でかなり成長している旬なアタッカーだ。左右どちらにせよ、レアルのポジション争いはかなり激しい。

同メディアも久保の技術は認めているものの、現実的にはレンタルを繰り返すことになるのだろう。現時点でトップチームへ割って入るのは困難だ。

レアルで日本人選手がスタメンを勝ち取る日を夢見ているサッカーファンも多いだろうが、やはり道のりは想像以上に険しい。レンタル先で強烈なインパクトを残す必要があるが、久保が完全覚醒する時はいつになるのか。リーガ・エスパニョーラでの成績に限れば、もう少し得点数を増やさなければ苦しいか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.265 CL激闘必至の3番勝負

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ