快進撃を見せるウェストハムのスピーディーな攻め 本拠地で強さ発揮し強豪にも屈せず

チェルシーに勝利したウェストハム photo/Getty Images

チェルシーとリヴァプールに3-2と勝利

現在プレミアリーグで好調のウェストハムは、4位とUEFAチャンピオンズリーグの出場圏内にいる。第11節でリヴァプールを破り、第15節では首位のチェルシーにも勝利した彼らはホームで特に強さを発揮している。

ウェストハムはリヴァプールとチェルシーにどちらも3-2と勝利し、大きな2勝を挙げている。そのどちらもホームのロンドン・スタジアムで挙げており、本拠地にやって来たビッグクラブに手痛い黒星を付けている。

また今季ホームで4勝のウェストハムだが、チェルシーとリヴァプールだけでなく、トッテナムやレスターと強豪クラブばかりに勝利を挙げている。今季はチェルシーやリヴァプールと比較すると低調な両クラブだが、ソン・フンミンやジェイミー・バーディといった圧倒的なスター選手を擁する相手に対しても屈せずに勝利を勝ち取っているのだ。

彼らの強さはデクラン・ライスやトマシュ・ソウチェクという運動量とフィジカルに強さを誇るボランチが高い強度で中盤を制圧し、最前線で身体能力の高さを見せるマイケル・アントニオが襲いかかるという攻守の切り替え部分に見られる。また2列目には献身性と技術力の高いジャロッド・ボーウェンやマヌエル・ランシーニがFWとのつなぎ役になっているため、スピーディーな攻撃が可能である。そのためカウンターからの素早い攻撃が、チェルシー戦やリヴァプール戦での得点につながっている。

彼らの快進撃にロンドン・スタジアムも一種異様な雰囲気を作り出しており、それはビッグクラブであろうと関係なく呑み込んでしまうのか。デヴィッド・モイーズ監督が作り上げた強力なチームは、昨季のクラブのプレミア歴代最高順位である6位を超えることができるか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.272 ラ・リーガ新2強時代へ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ