“40歳”でも輝く才能 2021-22シーズンもベテラン選手の活躍見逃せない

ベティスで活躍するホアキン photo/Getty Images

30代後半でもトップパフォーマンス維持する者多く

昨季の欧州サッカー界ではベテランプレイヤーの活躍が目立っていたが、その流れは2021-22シーズンも続くと予想される。

まずセリエAでは、ユヴェントスFWクリスティアーノ・ロナウド(36)とサンプドリアFWファビオ・クアリアレッラ(38)、ミランFWズラタン・イブラヒモビッチ(39)のベテランストライカーたちだ。

ロナウドは今夏のEURO2020でも5得点と爆発していたように、衰えの気配が感じられない。来年のワールドカップへクラブの方でコンディションを仕上げてくるのではないか。

クアリアレッラの方もセリエAでは5シーズン連続二桁得点中で、昨季も13得点を挙げていた。サンプドリアの点取り屋であり、こちらもまだまだトップレベルで戦えるはずだ。

イブラヒモビッチの方も昨季は15得点を記録しており、怪我さえなければ得点王争いに顔を出せるはず。

チアゴ・シウバもチェルシーにとって重要な存在 photo/Getty Images

若手に主役の座は渡せない

プレミアリーグでは、契約を延長したマンチェスター・シティMFフェルナンジーニョ(36)、チェルシーのリーダーとしてチャンピオンズリーグ制覇にも貢献したDFチアゴ・シウバ(36)のいぶし銀なパフォーマンスに期待がかかる。

特にチアゴ・シウバの方は昨季悲願のチャンピオンズリーグを獲得し、勢いそのままにキャリア初のプレミアリーグのタイトルも欲しいはず。チェルシーはトーマス・トゥヘルの下で着実に強化されており、チアゴ・シウバのキャリアの中でも1、2を争うほど充実した時期を過ごしているのではないか。

リーガ・エスパニョーラではEURO2020でもハイパフォーマンスを見せたレアル・マドリードMFルカ・モドリッチ(35)に加え、今月21日に40歳の誕生日を迎えたレアル・ベティスFWホアキン・サンチェスに注目したい。ベテランながら怪我も少なく、2021-22シーズンは上手くいけばリーガ・エスパニョーラ600試合出場に届く可能性がある。ベティスで400試合以上こなしてきた名手がどんな活躍を見せてくれるのか楽しみだ。

若手だけが主役ではなく、現代ではベテラン選手たちもトップコンディションを維持している例が多い。今後は30代後半でも活躍する選手が増えるはずで、新シーズンもベテラン選手たちの経験豊富なプレイに期待だ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.261 PSGは最強になれるのか

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ