得点を重ねる浅野拓磨の来季は? パルチザンからビッグクラブへ移籍した選手たち

得点を重ねている浅野 photo/Getty Images

今季18得点目を決めた浅野

セルビア・スーペルリーガの第32節でパルチザンとマチュバが対戦。浅野拓磨が今季18得点目となるゴールを決めて欧州主要1部リーグ得点記録を更新した。得点ランキングも現在2位であり、1位が20得点と差は2つ。残り6試合となっており、得点王も十分狙える位置にいる。

そんな浅野の来シーズンはどうなるだろうか。得点王まで獲得した場合は、欧州でも注目が集まるのではないか。今回は浅野が所属するパルチザンからビッグクラブへ移籍を果たした選手を紹介しよう。

得点王を獲得して欧州のビッグクラブへ移籍した選手で挙げるならば、マテヤ・ケジュマンだ。彼は1998-99シーズンに28得点を挙げて得点王に輝く。すると翌年はPSVに移籍し、エールディヴィジでも得点王を獲得。その後チェルシーへ加入し、アトレティコ・マドリードなどでもプレイしている。

ステヴァン・ヨヴェティッチもパルチザンからビッグクラブへ移籍した1人だ。わずか16歳でトップデビューしたヨヴェティッチは、パルチザンで活躍後、フィオレンティーナへ加入。イタリアでの活躍が認められ、マンチェスター・シティへ移籍した。その後インテル、セビージャを渡り歩き、現在はモナコで10番をつけている。

パルチザンからフィオレンティーナへ移籍したケースとしてアデム・リャイッチも挙げられる。フィオレンティーナで活躍が認められてローマへ移籍。その後、インテルやトリノに加入するなどイタリアでキャリアを過ごし、現在はトルコのベシクタシュに所属。香川真司とも一緒にプレイしていた。ラザル・マルコビッチも現在はパルチザンへ戻っているが、パルチザンで活躍してベンフィカへ移籍。その後、リヴァプールにも加入するなどビッグクラブへステップアップを遂げている。

このように見ていくと、セルビアからオランダやポルトガルなどを経由して4大リーグへ移籍するパターンか、イタリア国内から活躍するパターンの2つに分けられる。これを見ていくと未経験のイタリアへ挑戦するケースが良いのではないか。浅野はブンデスリーガでの経験はあるが、セリエAでのクラブでの経験はない。イタリアでの挑戦も可能性としてあり得るだろう。

イタリアでは現在、吉田麻也や冨安健洋が在籍しており、過去にも長友佑都や本田圭佑などが在籍していた。しかしFWの選手のイタリア挑戦は、2012-2013シーズンの森本貴幸が最後だ。浅野もヨヴェティッチやリャイッチのようなパルチザンからイタリアでの成功コースを進めるだろうか。オファーがなければ始まらない話ではあるが、浅野の今後の活躍にも期待したい。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.261 PSGは最強になれるのか

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ