本田圭佑も宮市亮も“ワースト補強” 2人のサムライが失敗したカムバック

フィテッセで少しだけプレイした本田 photo/Getty Images

エールディヴィジの歴史に残るワースト補強に?

オランダのPSVにとって特別な選手だった元オランダ代表MFイブラヒム・アフェライのことを覚えているだろうか。

34歳と大ベテランになったアフェライは、昨夏PSVに復帰。元々PSVの下部組織出身の選手で、2003年から7年にわたって活躍したことから人気の高い選手ではあった。

ところが、アフェライはリーグ戦で106分間しかプレイせず今季終了。今夏に退団する運びとなった。

これを受けてオランダ『Voetbalzone』は、「エールディヴィジで失望に終わった補強」をランキング形式で紹介。何と、この中に日本人選手が2人も入っているのだ。

今回のワースト補強ランキングは計18人で構成されているのだが、まずワースト17位に日本の韋駄天FW宮市亮。

宮市はフェイエノールトでこそ抜群の働きを披露したが、その後トゥエンテにレンタル移籍した時は大失敗だった。コンディションも上がらず、下のカテゴリーでプレイする機会も増えた。期待はずれと言われても仕方がないだろう。

もう1人の日本人選手は、ワースト3位に入ったMF本田圭佑。

本田の場合は少々特殊だが、2019年冬に移籍したフィテッセを指揮官解任と時を同じくして退団。話題を集めただけで終わってしまい、成功か失敗かすら判断が難しい結末となってしまった。

同メディアもVVVフェンロの頃とは違ったと取り上げているが、その時と同じ活躍を求めていたサポーターの期待は裏切られてしまった。

宮市と本田に共通しているのは、1度はエールディヴィジで結果を残していたということだ。宮市はフェイエノールト、本田はフェンロと、オランダのサッカーファンはその時のことを覚えている。

だからこそ、2度目の失敗がイメージを悪くしてしまった。最初の期待が大きかっただけに、余計に失敗が目立つ結果となっている。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジン最新号は、「欧州サムライ伝説」。中田英寿、小野伸二、中村俊輔など……、欧州で日本人フットボーラーの道を切り開いたパイオニアたちの偉業を、貴重な写真とともに振り返ります。

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.246 欧州サムライ伝説2 2010年-2019年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ