決定力はメッシ、C・ロナウドの領域へ もうすぐ“スターリングの時代”がくる

クラブと代表で得点量産するスターリング photo/Getty Images

バロンドールも夢ではない

リオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドもワイドな位置から大量得点を奪う選手へと成長していったが、現在同じような形でゴールマシーンへと変化を遂げようとしているのがマンチェスター・シティFWラヒーム・スターリングだ。

リヴァプールでブレイクし始めた当時のスターリングはスピード自慢のアタッカーというイメージだったが、今ではゴール前でも落ち着いてコースを突いたシュートを放つ選手へと成長を果たしている。

英『Manchester Evening News』は、近いうちにスターリングが主役となる年がやってくると期待をかけている。スターリングの年を実現するにはメッシとロナウドに勝つ必要があるが、ここ10年世界を支配してきたスーパースター2人とスターリングのデータを比較すると非常に興味深いことが分かってくる。

同メディアのデータでは、2019年のスターリングは1試合平均0.75点のペースでネットを揺らしているという。これはロナウドと同じ数字で、メッシは0.87点とスターリングを上回る。ただ、PKを除いたデータでは少し変わってくる。

スターリングの数字に変化は見られないが、PKを除くとメッシは0.75点、ロナウドは0.61点まで落ちる。スターリングは代表でもマンCでもほとんどPKを担当することがない。ほとんどが流れの中からのゴールとなっており、それだけの数字で見ればメッシにも負けない決定率だ。

またシュートが枠内を捉える割合はロナウドが40%、メッシが47%なのに対し、スターリングは51%と高い。そのうちゴールに繋がる割合はロナウドが14%、メッシが17%となっているが、スターリングは大きく上回る28%を記録している。決定力はロナウドとメッシをも上回る領域に達しつつあるのだ。

「彼はゴール前でも落ち着いていて、数年前のゴール前でタッチが甘くなる状態から脱却したように見えるね」

これはリヴァプール時代にチームメイトだった元イングランド代表DFグレン・ジョンソンの言葉だ。リヴァプール時代から比べると得点力が飛躍的に上がったと感じているようで、ジョンソンは今のスターリングを世界最高の5人に入るとまで絶賛している。

スターリングが主役の時代は来年あたりにも訪れるかもしれない。チームタイトル次第でバロンドールも夢ではなくなっているはずだが、やんちゃなスピードスターとのイメージもあったスターリングが成熟したイングランドの英雄になろうとしている。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

波乱巻き起こる英プレミアリーグを大特集! ビッグクラブを襲う試練、襲いかかる伏兵たち、そして最強リヴァプールに弱点は!? 

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ