“三好康児フィーバー”終わらない 才能溢れるJリーグで決めたゴールTOP10[映像アリ]

ウルグアイ戦でブレイクした三好 photo/Getty Images

ウルグアイ戦から注目度増す

まさかこれほどのクオリティを持つ選手だったのかと驚いた人も多いはず。コパ・アメリカに参戦している日本代表に貴重な勝ち点1をもたらしたのは、横浜F・マリノスでプレイするMF三好康児だ。

三好はグループステージ第2戦のウルグアイ戦に先発すると、前半に得意の右サイドからドリブルで仕掛け、相手DFを縦にかわして右足で華麗なフィニッシュ。優勝候補の一角であるウルグアイから先制点をもぎ取ってみせた。

さらに後半には左サイドから上げられたクロスに飛び込み、この試合2点目をマーク。この2ゴールで三好の評価は跳ね上がり、日本だけでなく世界がその技術の高さに衝撃を受けている。

この活躍に合わせ、Jリーグ公式は三好がこれまでJリーグで決めてきたゴールの中からBEST10を紹介している。三好は川崎フロンターレの下部組織出身選手で、そこからコンサドーレ札幌、横浜F・マリノスとレンタル移籍しながら成長を続けてきた。

東京五輪世代ではA代表で活躍する堂安律、レアル・マドリード移籍で注目を集める久保建英のレフティー2人が存在感を放っており、三好は同じレフティーとしてやや出遅れている印象もあった。しかし、ウルグアイ戦の2得点で序列は分からなくなってきた。才能あるレフティーのサバイバルはここから激しさを増していくことだろう。






●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)
最新号は、現在熱い戦いが繰り広げられているコパ・アメリカ完全ガイド!
以下のリンクから無料配信中です
http://www.magazinegate.com/maga_info.php?seq=356/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ