「8万人も集まるのに若手を……」 サンチョが語るドルトムント行きの理由

ドルトムントのサンチョ photo/Getty Images

若手を信頼してくれる環境

今冬もイングランドから優秀な若手選手が数名ドイツ・ブンデスリーガにやってきたが、このブームを築いたのはドルトムントで活躍するMFジェイドン・サンチョだ。マンチェスター・シティからドルトムントへの移籍を決意し、今ではすっかり主力となっている。イングランド代表デビューにも繋がり、大成功の移籍だったと言えよう。

特にドルトムントというクラブは特別だ。英『FourFourTwo』によると、サンチョもホームスタジアムが常に異様な雰囲気に包まれていることに驚いており、そんなビッグクラブが若手にチャンスをくれることに感謝している。

「なぜドルトムントだったのか?若手にチャンスをくれるからね。ドルトムントには感謝しなくてはいけないよ。だって毎回ホームゲームに8万人集まるのに、若手をこれだけ信頼しているチームなんて聞いたことがないからね。もちろん大きなリスクはあった。プレイタイムは保証されていなかったし、チームにふさわしい存在であることを証明しないといけなかった。確信していない人もいたけど、僕はこれがベストな旅になると感じていたんだ」

セレッソ大阪からドルトムントに渡った香川真司も同じような感覚だったはずだ。ドルトムントは世界的なクラブだが、知名度や年齢に関わらずチャンスをくれる。今のチームもサンチョを筆頭に若い構成となっているが、リーグ戦では見事に首位を走っている。若手にチャンスを与え、なおかつ毎シーズンのように上位へ食い込んでくるドルトムントのようなクラブはかなり珍しい存在と言えよう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.232 平成の日本代表クロニクル
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ