ついに15位へ浮上! マインツ、残留へのラストスパートのカギは武藤嘉紀にあり

マインツのカギ握る武藤 photo/Getty Images

残り4試合で独紙は武藤の存在を重要視

前節フライブルクを2‐0で破ったマインツは、そのフライブルクの順位を1つ上回る15位に上がって降格圏を抜け出すことに成功した。しかし、16位フライブルクとは勝ち点30で並んだまま。まだ安心することはできず、残り4試合で勝ち点を積み上げなければいけない。

そんな中で独『Bild』が残留へのキーマンに挙げたのが、FW武藤嘉紀とエミール・ベアグリーンの2人だ。武藤は太もも裏を痛めた影響で4月1日のボルシアMG戦から欠場しているものの、復帰へと近づいている。同メディアはここまでチームトップの7得点を挙げている武藤が降格回避へ重要な存在と伝えており、武藤がどれだけ得点を奪えるかが残留へのカギとなる。

また2トップを上手く機能させるためにも、194㎝と長身を誇るベアグリーンの奮闘も必要だ。同メディアは前節先発したロビン・クアイソンに1トップは向いていないと見ており、武藤やベアグリーンがフィットしたうえでの2トップを理想と考えているようだ。

マインツが戦う残り4試合にはライプツィヒ、ドルトムントと難敵も含まれている。残留確保へ勝ち点を1つでも多く獲得したいところだが、フライブルクとのレースを制することはできるか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ