リヴァプールの”カイト2世” 走り屋が絶賛するフィルミーノの貢献度「点取らない時もあるけど……」

走り続けるフィルミーノ photo/Getty Images

プレスが機能する理由

リヴァプール、オランダ代表の両方で地味ながら欠かせないプレイヤーと言われてきたのがディルク・カイトだった。カイトは派手な技術を持っている選手ではなかったが、とにかく運動量が豊富で走り回ることができた。その献身性はクラブと代表の両面で非常に重要視されていた。

今のリヴァプールにカイトの代わりがいるとするならば、最前線のロベルト・フィルミーノだろう。フィルミーノも最前線の選手ながら守備にも走り回っており、あの献身性こそリヴァプールのプレスが機能している理由と言える。

リヴァプール公式によると、カイトもフィルミーノに特別な感覚を抱いているようだ。やはりハードワーカーという部分に共通点があるのか、フィルミーノは得点を決めない日でも重要な貢献をしていると評価。他のFWとは異なるタイプの選手だと紹介している。

「彼は自分自身のスタイルを持っていて、それが彼を特別なものにしている。僕はそれが好きなのさ。点取り屋や、その他のストライカーとは違うんだ。彼は優れた点取り屋でもあるが、自身の全てを捧げるチームプレイヤーでもある。彼のことを詳しく知っているわけではないが、彼のプレイを見れば己のゴールを求めずチームの勝利を欲しがっている。これがフィルミーノの最も大きな部分なんだ」

「彼は得点も決められて、アシストもできる。リヴァプールにとって完璧な選手だと思う。それに彼はハードワーカーだ。自身を犠牲にしてハードワークしている。時に彼は得点もアシストも決めないことがあるけど、彼はいつだって自分のベストを出している」

今季は得点を量産するモハメド・サラーの方が注目を集めるが、フィルミーノの献身性も忘れてはならない。目立ちにくいところもあるが、ハードワークの部分においてはカイト2世との表現が正しいかもしれない。


記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ