メッシが沈黙すればバルサは負ける! CL過去の敗退データが注目集める

ローマ戦では不発だったメッシ photo/Getty Images

今回はローマ戦で沈黙

今季はネイマールが退団して特にその傾向が強くなっていたが、バルセロナはFWリオネル・メッシへの依存度が極めて高い。それはチャンピオンズリーグでの成績を見れば分かってくる。

バルセロナは先日チャンピオンズリーグ準々決勝2ndレグでローマにまさかの逆転を許し、ベスト4進出を逃してしまった。今回のローマ戦では1stレグで4-1と快勝したものの、エースのメッシは180分を通して無得点だった。実はバルセロナがチャンピオンズリーグで敗れる時、そのほとんどのゲームでメッシが沈黙しているのだ。

スペイン『MARCA』が過去のデータを振り返っているが、2006-07シーズンはリヴァプール戦(180分間無得点)、2007-08シーズンはマンチェスター・ユナイテッド、2009-10シーズンはインテル、2011-12シーズンはチェルシー、2012-13シーズンはバイエルン、2013-14シーズンはアトレティコ・マドリード、2015-16シーズンもアトレティコ、2016-17シーズンはユヴェントス、そして今季はローマと、バルセロナが決勝トーナメントで敗れた試合の全てでメッシは1点も決めていない。

全ての原因がメッシにあるわけではないが、やはりバルセロナにおいてメッシは特別な存在だ。苦しい時はどうしてもメッシ頼みとなり、そのメッシが不発となれば打つ手がなくなってしまう。徹底的に守備を固められてしまった2009-10シーズンのインテル戦は特に印象的だが、相手がバルセロナとなれば敵は守備的な戦いをしてくる。それを崩すにはメッシの閃きが不可欠なのだ。

バルセロナは2008-09、2010-11、2014-15と近年だけでも3度チャンピオンズリーグを制している。それはメッシがいたからこそであり、メッシを封じられてしまえば意外に脆い。特に今季はルイス・スアレスとメッシしか得点源と呼べる選手がいなかったため、余計に攻撃の引き出しは少なくなってしまっていた。そのぶん守備の安定感が増していたのだが、2ndレグではそれも崩壊。このような展開ではメッシが何かミラクルを起こしてくれない限り、バルセロナが上へ進む術はなかったのだろう。

●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.197 緊急事態だからこそ広がる日本代表の可能性
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ