ミラン、来季のCL出場はやはり厳しいか ガットゥーゾ「希望がある限り我々は戦い続ける」 

ベンチの前から檄を飛ばすガットゥーゾ監督 photo/Getty Images

ミラノダービーで手痛いドロー

4日に今季3度目のミラノダービーが開催され、ACミランとインテルがサン・シーロで対戦した(延期されていたセリエA第27節)。両チームともに1度ずつゴールネットを揺らすが、オフサイドの判定でノーゴール。試合は、スコアレスのまま終了のホイッスルを迎えている。

ダービーの手痛いドローで、チャンピオンズリーグ出場圏内にいる4位インテルのと勝ち点差を、縮めることができなかった6位ミラン(両者の勝ち点差は8ポイント)。伊『PREMIUM SPORT』のインタビューに応じたジェンナーロ・ガットゥーゾ監督は、まずミラノダービーを「インテルは我々をより苦しめたと思う。我々は多くのミスを犯してしまったが、ポイントを獲得できたことに関しては満足しているよ。ただ、我々はクオリティ面で、もっと良くしていかなければならない。貴重なポイントを獲得できたが、負ける危険性もあったからね」」と振り返った。

そして、因縁のライバルであるインテルを「彼らはここ数週間、いつくか戦術を変更した。それらのメカニズムを駆使すれば、今ではどんな相手も苦しめることができるだろう」と称賛しつつ「まだCLに出場することができるかって? 希望がある限り我々は戦い続けるつもりさ」と述べている。

残り8節と、今季のセリエAも佳境を迎えている。今年に入り猛追も見せてきたミランだが、ここにきてユヴェントスとインテルに足止めをくらった。はたして、同クラブは目標とするチャンピオンズリーグの出場権を逆転で手にすることができるのか。
●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.223 試合巧者フランスが5大会ぶり2度目の世界王者に
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ