右のロッベン、左のC・ロナウドが実現したかも!? ”世界屈指のドリブラー”にマンU行きの可能性があった

チェルシーでプレイしたロッベン photo/Getty Images

最終的にはチェルシー行きを選択

今でも驚異の突破力を誇る快速アタッカーのアリエン・ロッベンは、まだ20歳だった2004年にPSVからチェルシーへ移籍した。チェルシーでは怪我などもあったが、ジョゼ・モウリーニョの下でプレミアリーグ制覇を経験。欧州トップレベルでも自身の実力が通用することを証明する良い機会となった。

しかし、ロッベンは当時チェルシーではなくマンチェスター・ユナイテッドへ移籍する直前だったという。英『FourFourTwo』によると、ロッベンは当時クラブを指揮していた名将アレックス・ファーガソン氏ともコンタクトを取り、かなりマンU行きに気持ちが傾いていたようだ。ところがマンU側のオファー提示が遅く、その間にチェルシーが一気に交渉を詰めたという。ロッベンが当時のことを振り返っている。

「当時ディナーでファーガソンと非常に良い会話ができた。フットボールや人生についてね。トレーニンググラウンドの周囲も見たし、全てがよかった。ファーガソンと会ったあとすぐにマンUがオファーを出してくれば、僕はサインしただろうね。だけど、それは起きなかった。PSVは当時チェルシーとも交渉していて、僕は彼らのプランを気に入った。1度チェルシー側と会い、素早く話が進んだんだ」

仮にマンUにロッベンが加入していれば、右サイドにロッベン、左サイドにクリスティアーノ・ロナウドなんて豪華なプランも実現したかもしれない。そうなればバイエルンが誇るロッベン、フランク・リベリ以上に強烈なコンビになっていたことだろう。

●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.197 緊急事態だからこそ広がる日本代表の可能性
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ