意地のドローでACL決勝T進出を決めた鹿島 1A1Gの鈴木優磨「GL突破は最低限」

1A1Gの活躍で決勝トーナメント進出に貢献した鈴木優磨 photo/Getty Images

「課題の多い試合」となった上海申花戦

鹿島アントラーズは3日、AFCチャンピオンズリーグのグループステージ第5節で上海申花(中国)とアウェイで対戦した。

13分、28分と立て続けに失点を喫し、序盤から苦しい立場に立たされた鹿島。しかし後半に入ると、58分に鈴木優磨の今季初ゴールで1点を返す。さらに63分、その鈴木優磨のクロスに、レアンドロが合わせ同点に。試合はこのまま2-2で終了のホイッスルを迎え、敵地で意地を見せた鹿島が最終節を残して3位との勝ち点差を「4」に広げ、決勝トーナメント進出を決めている。

試合後、インタビューに応じた鹿島の大岩剛監督は「前半は会場の雰囲気も相まって、上海申花のアグレッシブな姿勢に押され気味になり、セットプレイから2失点を喫してしまった。ハーフタイムにスイッチを入れて、自分たちがやるべきことをしっかりとやってくれた結果、後半に同点に追い付くことができた。選手は非常に感謝しているし、最大限の評価をしたい」とコメント。クラブの公式サイトが伝えている。

そして、1ゴール1アシストを記録した鈴木優磨を「得点もアシストも含めてだが、特に守備でスイッチを入れるアグレッシブさを相手が嫌がっているのは手に取るように分かった。そこを評価したい。そのご褒美が1得点1アシストだと思う。チームのために守備を怠らず、チェイスを続けたことを高く評価したい」と絶賛。

その鈴木優磨は、ゴールシーンを「あのようなボールが来ればいいと思っていて実際に来た。そういう場所にいることが、FWにとっては大事だと思う。1点を取れば相手は慌てると思っていた」と振り返りつつ「グループステージを突破したけど、課題の多い試合。もっとやらないといけないし、満足してはいけない。グループステージ突破は最低限」とさらなる飛躍を誓っている。

●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました。

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.197 緊急事態だからこそ広がる日本代表の可能性
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ