カンファレンスリーグ制覇は偶然ではない CL、ELでも結果を出してきたオリンピアコスの躍進

UECLを制したオリンピアコス photo/Getty Images

ついに手にした欧州カップ戦のタイトル

今季UEFAカンファレンスリーグ決勝でフィオレンティーナを撃破し、念願となる欧州カップ戦のタイトルを手にしたギリシャのオリンピアコス。

一見すればサプライズの結果かもしれないが、英『The Sun』はオリンピアコスがコツコツと積み重ねてきた強化策がヒットした証拠と称える。決して偶然の優勝ではないのだ。

オリンピアコスはギリシャを代表する名門で、これまで47度リーグを制している。21世紀に入ってからでも実に17度のリーグ制覇を果たしており、欧州カップ戦にも毎シーズンのようにチャレンジしてきた。
その結果も印象的で、21世紀はチャンピオンズリーグ・ベスト16入りが3度、ヨーロッパリーグでもベスト16に4度入るなど、着実にステップを踏んできた。

補強面でもMFハメス・ロドリゲス、DFマルセロといった実績ある選手をフリーで獲得したり、大物を引き抜いてきた。今季のカンファレンスリーグで得点王のタイトルを手にしたFWアユーブ・エル・カービもフリーで獲得した選手だ。全ての補強がヒットしたわけではないが、同メディアはこうした補強策もカンファレンスリーグ制覇の成果に繋がったと称える。

オーナーのバンゲリス・マリナキス氏はEL制覇を次の目標に据えており、これからの強化策も楽しみなチームだ。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.295 なでしこ、飛翔せよ!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ