さっそく2試合で3ゴールの大活躍 4500万ポンドでアーセナルにやってきたジェズスは“絶対的なストライカー”となれるか

スカイブルーではなく赤いユニフォームに袖を通すガブリエウ・ジェズス photo/Getty images

エヴァートン戦でもゴールを決めた

今夏大型補強を行ったアーセナルはすでに2試合プレシーズンマッチを戦っている。9日にニュルンベルクと17日にエヴァートンと対戦した。どちらも勝利を収めており、2連勝と幸先いいスタートを切っている。

その2試合でゴールを決めたのが、新加入のガブリエウ・ジェズスだ。マンチェスター・シティから加入したストライカーで、アーセナルは4500万ポンドの移籍金を費やした。

まだプレシーズンでの活躍のため成功の補強とは断言できないが、すでにジェズスの活躍は22-23シーズンでの飛躍を期待させるものになっている。実際に英『Squawka』ではプレシーズンマッチですでに活躍したプレミアリーグのプレイヤーとしてトッテナムのソン・フンミンやマンチェスター・ユナイテッドのフレッジと共にジェズスの名前を挙げている。すでに3ゴールであり、ストライカーとして躍動している。

英『football.london』では17日のエヴァートン戦を振り返っており、ジェズスはチーム最高点となる10点中9.9の好評価を得ている。正確なフィニッシュ、ブカヨ・サカへのアシスト、195cmの長身を持つジェリー・ミナにも負けない強靭なフィジカルを称賛しており、早くもアーセナルサポーターの心を掴んだか。

22-23シーズンはこのジェズスがセンターフォワードのスタメンとして活躍してくれるだろう。昨季はアレクサンドル・ラカゼットとエディ・エンケティアが主にこのポジションを担当していたが、ラカゼットは攻撃力が、エンケティアは経験の部分で物足りなさはあった。だがこのジェズスは攻撃力も経験もすでに有しており、絶対的な存在になることができる。

早くもストライカーとして素晴らしい活躍を披露しているジェズス。今夏最も高額な補強になると予想でき、クラブからの大きな期待に応えられるか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.272 ラ・リーガ新2強時代へ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ