ハーランド、南野らの後継者は揃っている? バイエルンに挑む驚異のヤング集団・ザルツブルク

アメリカ期待のアーロンソン photo/Getty Images

若手有望株のさらなる後継者まで見つけてくる

16日、バイエルンはチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦でオーストリアのザルツブルクとアウェイで対戦する。



ザルツブルクは今回が初の決勝トーナメント進出となっており、選手層では間違いなくバイエルンが上だ。しかし、FWアーリング・ハーランドなど近年も若手育成で結果を出してきたザルツブルクは何かと不気味な相手ではある。

ハーランド、南野拓実、ファン・ヒチャン、パトソン・ダカ、ドミニク・ショボスライなど攻撃陣を中心に近年も主力を次々と売却しているのだが、ザルツブルクの恐ろしさはすぐに魅力的な若手を発掘してくるところにある。

独『Sport1』も、最近のザルツブルクは若手有望株のさらなる後継者まで目をつけていると育成とスカウトの両面を称える。

前線では今季リーグ戦で14得点を挙げている20歳のドイツ代表FWカリム・アデイェミ、7得点を挙げているスイス代表の21歳FWノア・オカフォー、最近は負傷が目立つが、18歳にしてスロベニア代表に選ばれている194cmの大型FWベンヤミン・シェシュコもいる。

中でも同メディアはシェシュコのことをサイズ感、スピード、テクニックの観点からハーランドの後継者候補と見ており、1、2年後に本格ブレイクとなる可能性がある。今はアデイェミが主役だが、主役の座はそう遠くないうちにバトンタッチされることになるだろう。

18歳のシェシュコはハーランドと比較される photo/Getty Images

フレッシュな力はドイツ王者にも届くか

チャンスメイカーではアメリカ代表に選出されている21歳のMFブレンデン・アーロンソンが注目だ。今季は全コンペティション合わせて8アシストを記録しており、チャンスメイカーとしてはショボスライ、南野の後継者候補といったところか。

さらに中盤ではクロアチアから新たに出てきた中盤の才能である19歳のルカ・スシッチも主力で、同メディアがライプツィヒのアマドゥ・ハイダラと重ねる22歳のマリ代表MFモハメド・カマラも守備的MFとして高いボール奪取能力、創造性を併せ持っている。ハイダラもマリ代表の選手で、まさに後継者だ。

最終ラインでは右サイドバックながらリーグ戦で6得点4アシストと高い攻撃性を発揮している24歳のデンマーク代表DFラスムス・クリステンセンも興味深い。2019年にアヤックスからやってきた選手で、ザルツブルクの中では24歳でも中堅世代になる。この攻撃性がチャンピオンズリーグでも通用するなら面白い。

バイエルンにとっては油断できない相手であり、先日ボーフムに2-4で敗れた苦い記憶もある。大注目カードとまでは言えないが、若い力でグイグイ押してくるダークホース軍団・ザルツブルクの戦いも一見の価値がある。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ