指揮官も「予想以上だった」と絶賛した日本人DF 主力の座掴み代表入りも期待

日本代表招集にも期待だ photo/Getty Images

トップでレギュラーとして活躍する

今季ジュビロ磐田からシュツットガルトへと加入した伊藤洋輝は、ここまで順風満帆のシーズンを過ごしていると言えるだろう。ここまでブンデスリーガ5試合に出場している同選手に、日本代表入りの期待も寄せられる。

磐田でCBとして活躍していた伊藤は、今夏シュツットガルトへ移籍。本来はBチームからのスタートだったものの、プレシーズンで高評価を得たことでトップチームで開幕を迎えることになる。すると、ここまでスタメンで3試合に起用されるなど大きな飛躍を遂げた。

3バックを起用するシュツットガルトのシステムにフィットしたことも大きいだろう。3バックの中央やボランチなどをこなし、長身を武器としたフィジカルや左足から蹴られる精度の高いロングボールを供給。チームの戦力としてセンセーショナルな活躍を見せている。

その活躍には指揮官も驚きを見せており、DFBポカールのケルン戦に挑む会見にてペレグリーノ・マタラッツォ監督も「彼はプレシーズンからどれほどのポテンシャルがあるかを見せていた。ポジティブな驚きを受けていて、(成長は)予想以上の早さだった」と伊藤のポテンシャルについてコメント。ケルン戦は敗戦してしまうものの、地元紙『Stuttgarter Nachrichten』は、チームトップタイとなる採点「3」(ドイツは1が最高点)を付け高く評価された。

特に、ロングフィードが上手い左利きのCBという日本代表にはいないタイプなのは大きな武器だ。伊東純也や古橋亨梧といったスピードのある前線の選手たちとも相性が良いだろう。チームボールを保持して押し込んでいる展開であれば、伊藤の起用も面白いかもしれない。吉田麻也と冨安健洋という大きな壁があるが、ドイツのトップの舞台で大きく飛躍する伊藤が、彼らの間に割って入ることができるだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.263 監督で観る欧州蹴球

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ