ケインの“ルーニー超え”はほぼ確実か 得点力凄まじいイングランドの現エース

イングランド代表で順調に得点を積み重ねるケイン photo/Getty Images

「そのうちあっさりと抜くはず」

今から5年前の2015年9月、FWウェイン・ルーニーがイングランド代表史上最多得点記録を更新した。これは“イングランド史上最高の選手”との呼び声も高いボビー・チャールトン氏の記録を塗り替える偉大な出来事だったのだが、それから10年も経過しないうちにこの大記録は破られることとなるのだろうか。抜群の得点力で現在のイングランド代表を牽引するストライカーが、着々とトップへ近づいている。

そのストライカーとは、もちろんFWハリー・ケイン(トッテナム)だ。現時点ではイングランド代表通算32得点で、歴代6位に位置している同選手。しかし、彼は27歳という若さでトップのルーニーが記録した53得点まで残り「21」と迫っている。今後も怪我さえなければ継続して好パフォーマンスを披露できる可能性は高く、ケインの記録更新には大きな期待がかかっている状況だ。

そんな27歳がそう遠くない未来に、イングランド代表通算得点記録を更新することには英『talkSPORT』の解説員を務めるトニー・カスカリーノ氏も期待している。かつてチェルシーなどで活躍した同氏は、案外あっさりとケインが記録を塗り替える可能性があると次のように語っている。

「怪我さえしなければ、ケインは絶対に記録を更新するだろうね。努力を怠るような選手でもないし、とにかくゴールに飢えている。そういう特長を持った選手だから、余計に感じるよ。他の選手を気持ちの面で引っ張ることもできるから、彼が代表で出場に困ることはないと思っている。様々な役割を演じることができるのも大きいね。彼はトッテナムで8番、9番、10番の仕事を全てこなしている。本当に素晴らしい選手だよ。彼ならば、そのうちあっさりとルーニーを抜けるはずさ」

イングランド代表では主将も務めているケイン。大きな怪我さえなければ、今後も長く代表に招集され続けることが濃厚だ。それだけに、カスカリーノ氏も彼の将来的な記録更新は堅いと見ている様子。49試合で32得点(1試合あたり0.65ゴール)というペースも素晴らしく、これはルーニー(120試合53得点:1試合あたり0.44ゴール)の数字を大きく上回っている。2試合に1得点以上のペースで、ゴールを決めているというのだから驚きだ。

これまで信じられないスピードで代表における得点を伸ばしてきたケイン。はたして、彼が偉大な記録を塗り替える日はいつになるか。トッテナムのエースが頂点に君臨する日を、多くのファンが待ちわびている。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ