ニャブリに続くアーセナルの後悔に? スペインで大抜擢された“17歳”のMF

バレンシアのムサ photo/Getty Images

いきなり開幕戦でスタメンに

今夏にFWロドリゴ・モレノ、MFダニ・パレホ、フェラン・トーレス、フランシス・コクランなど戦力を複数名失ったバレンシアでは、開幕節となった13日のレバンテ戦で17歳に初先発のチャンスが巡ってきた。

いきなり先発に抜擢されたのは、17歳のMFユヌス・ムサだ。

ムサがバレンシアへ向かったのは昨夏のことで、2012年からの7年間はアーセナルのアカデミーに所属していた人物なのだ。

U-18イングランド代表でもプレイしており、主にボックス・トゥ・ボックスのプレイヤーと知られている。

英『90min』はアーセナルが将来的に後悔するのではないかと伝えているが、バイエルンで活躍するFWセルジュ・ニャブリのようにアーセナルを離れてから大ブレイクするケースも考えられる。

ムサはフィジカルにも自信を持っているようで、バレンシア側も17歳ながらトップチームで戦えると判断したのだろう。

「僕はフィジカルも備えたパサーであり、相手をドリブルでかわすこともできる。他の選手より体も大きいしね。パスには自信があるし、多くのチャンスを作れる。今季は得点部分も伸ばしていきたい」

以前ムサは自身のプレイスタイルについてこのように語っている。

ジェイドン・サンチョのスペイン版となるのか。イングランド期待の若手がまた1人異国の地でブレイクの兆しを見せはじめている。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ