マンUが欲しい身長“193cm”の潰し屋 マティッチの後釜にピッタリな22歳

バレンシアのラチッチ photo/Getty Images

マティッチによく似た若き中盤戦士

2019-20シーズンのリーグ戦再開後、マンチェスター・ユナイテッドでちょっとしたサプライズとなったのがMFネマニャ・マティッチだ。当初アンカーのポジションはスコット・マクトミネイが務めるとの予想は多かったが、蓋を開けてみればシーズン終了まで同ポジションに君臨していたのはこのセルビア人MF。気の利いたポジショニングと安定した守備で、彼は赤い悪魔の快進撃を支えた。

しかし、そんなマティッチももう32歳。いくら優秀といえど、マンUはいつまでも彼に頼ってばかりもいられないだろう。年齢を考えれば来季フル回転で戦えるかは未知数。マクトミネイとの併用ないし、後継者候補を何人かは見繕っておきたいところ。

そんな中、英『THE Sun』によると、マンUはマティッチの後釜候補としてバレンシアに所属する同じセルビア人MFのウロシュ・ラチッチの獲得を狙っているという。この22歳の強みはなんと言ってもそのサイズとランニング能力だ。193cmの長身を活かした空中戦の強さ、長いストライドでピッチ全体をカバーする走力。ビルドアップ能力に関してこそ特に秀でたものはないが、獲得となればこれまでマティッチがこなしてきたタスクを高いレベルで遂行することができるだろう。攻撃面はブルーノ・フェルナンデスとポール・ポグバでなんとかなるだけに、性能としてはこれで十分なはずだ。

昨季はファマリカン(ポルトガル)へと武者修行に出ていたラチッチ。欧州4大リーグレベルでの経験値には少し不安が残るものの、マティッチとかなり似た特長を持つ選手とあって、今のマンUにピッタリとハマるかもしれない。

同メディアによると、移籍金も最大で2800万ポンド(約38億円)程度となる見通しとのこと。今季バレンシアで頭角を現せば今後高騰する可能性も低くないだけに、今のうちに確保しておくのが賢明か。マティッチの後釜を任せるのにピッタリな22歳のビッグマン。今夏のプレミア行きはあるか。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

今月号は、創刊10周年記念特大号! 南アフリカW杯の直後に定期刊行化された本誌。今号は10周年にちなんで、2010-11から2019-20までの欧州4大リーグの10年を、まとめて振り返ります。この10年で、欧州サッカーはどう変わったのか? 10周年記念のプレゼント企画もお見逃しなく!

http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ