“400万ユーロ”の男がアシストマシーンに 元リヴァプールMF止まらない

ラツィオのルイス・アルベルト photo/Getty Images

リヴァプールにいればどうなったか

今季のリヴァプールは絶好調だが、数少ない弱点の1つとされているのが創造性豊かな攻撃的MFの不在だ。MFフィリペ・コウチーニョの代役となるような選手を獲得していないため、リヴァプールの中盤にはチャンスメイクを連発するような選手はいない。

コウチーニョが残っていればと考えるサポーターもいるかもしれないが、英『HITC』はリヴァプールを離れたもう1人の攻撃的MFにスポットを当てている。

2016年夏にリヴァプールがラツィオへ400万ユーロの移籍金で手放したMFルイス・アルベルトである。ルイス・アルベルトはリヴァプールで結果を残すことができず、マラガ、デポルティーボとレンタル移籍を続けた末にラツィオへ完全移籍することになった。そんなルイス・アルベルトがセリエAで覚醒の時を迎えているのだ。

ラツィオは現在リーグ戦でアタランタに次いで2番目に多い36得点を挙げている超攻撃的なチームで、ルイス・アルベルトはそのチームで12のアシストを記録しているのだ。これはセリエAアシストランク首位を独走する数字だ。

アシストでは2017-18シーズンに記録したセリエA13アシストがルイス・アルベルトのキャリアハイとなっているため、その数字に残り1つのところまで近づいているのだ。

同メディアもルイス・アルベルトを売却した当時のリヴァプールの決定を批判するのは難しいと伝えており、ルイス・アルベルトがここまで伸びるとはサポーターも想像していなかったかもしれない。

ラツィオではセルゲイ・ミリンコビッチ・サビッチらと完成度の高い中盤を築いており、仮にルイス・アルベルトが今のリヴァプールにいれば攻撃はさらにグレードアップしていたことだろう。今やルイス・アルベルトはコウチーニョにも負けぬ欧州トップクラスのチャンスメイカーの1人と言ってよさそうだ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

最新号は“新監督”にフォーカス。ランパード、サッリなど、新天地でサポーターの心を掴みはじめた新指揮官たちが欧州を熱くする!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.241 予測不能なラウンド16
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ