「日本のメッシであることを証明した」 0-4大敗も、18歳の才能には高評価

日本代表の久保 photo/Getty Images

チリ相手に印象的なプレイを披露

18日にコパ・アメリカ・グループステージ第1節でチリ代表に0-4で敗れてしまった日本代表。非常に残念な結果となってしまったが、この大敗劇の中でキラリと光るものを見せたのが18歳のMF久保建英だ。

フル出場を果たした久保は前半に相手選手の股間を通して左サイドを突破し、上田へ惜しいクロスを送るなど才能あるプレイを披露。安部裕葵が入った後半には左サイドで連動するシーンもあり、バルセロナ所属のアルトゥーロ・ビダルのタックルを華麗にかわしてシュートへ繋げるプレイも見せた。

ゴールは生まれなかったが、『FOX Sport Asia』の評価は上々だ。久保は先日レアル・マドリードへ向かうことが大きく報じられたが、その理由に同メディアも納得しているようだ。

「日本のほとんどの良い瞬間は先日レアル・マドリードと契約した久保からもたらされた。前半には相手の股間を抜いて上田に惜しいパスを送った。後半のチャンスを活かせなかったものの、久保の左足の素晴らしいタッチは彼が日本のリオネル・メッシと呼ばれている理由を証明した」

このように評価されており、個人の部分ではまずまずのパフォーマンスと捉えられているようだ。チームとしても0-4のスコアだったが、決定機は多かった。決めるべきところで決めていれば、試合はどうなっていたか分からない。次戦のウルグアイ代表も強敵だが、次こそはネットを揺らしてほしい。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ