X・アロンソ、ジェラード、キャラガー…… 今と2004-05シーズンのリヴァプールはどちらが強い?

2004-05シーズンのCLを制したリヴァプール photo/Getty Images

CLを制した2004-05シーズン

リヴァプールは近年プレミアリーグでこそタイトル獲得がないが、2004-05シーズンにはチャンピオンズリーグを制覇している。決勝のミラン戦で3点差を追いついたのは伝説となっており、今季リヴァプールはその時以来となるチャンピオンズリーグ制覇を目指してレアル・マドリードに挑むことになる。

では、当時のリヴァプールと現在のリヴァプールではどちらの方が豪華な選手層を抱えているのだろうか。英『Daily Mirror』は当時のメンバーと比較しているが、当時はGKにイェルジー・デュデク、最終ラインは右からスティーブ・フィナン、ジェイミー・キャラガー、サミ・ヒーピア、ジミ・トラオレ、中盤にはシャビ・アロンソ、スティーブン・ジェラード、ヨン・アルネ・リーセ、ルイス・ガルシア、ハリー・キューウェルが入り、最前線はミラン・バロシュだ。

このうち同メディアが現メンバーより上と判断したのは、デュデク、フィナン、キャラガー、ジェラードの4名だ。現在右サイドバックを務めるのは若いトレント・アレクサンダー・アーノルドで、経験値の面でフィナンの方が上と判断されている。またデヤン・ロヴレンに不安があるセンターバックでも、キャラガーの方が何枚も上手との評価だ。ヒーピアとフィルジル・ファン・ダイクでは、ファン・ダイクの方が上となっている。

ジェラードについては説明不要で、同選手ほど重要な存在はいない。中盤の底からゲームを組み立てたシャビ・アロンソもかなりの名手だが、同メディアは今のジョーダン・ヘンダーソンもチームに欠かせない存在と見ており、ここは差がつけられないとの評価だ。

一方で前線は現メンバーの方が強力で、得点数で見てもサラー、マネ、フィルミーノの3トップに敵う者は当時のメンバーにいない。トータルで見ると当時より現在の方がメンバーの質は高いようにも感じられるが、ユルゲン・クロップ率いるチームは絶対王者レアルを撃破できるのか。

●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.197 緊急事態だからこそ広がる日本代表の可能性
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ