ガットゥーゾは良い時期にミラン指揮官になった? セードルフが振り返るカオスだった4年前

ミランで指揮官を務めていたセードルフ photo/Getty Images

セードルフはミランで大苦戦

現在ミランはジェンナーロ・ガットゥーゾの下で徐々に形を作り上げてきているが、デポルティーボで指揮を執るクラレンス・セードルフはやや羨ましく思うところもあるようだ。

セードルフといえば現役時代にミランでガットゥーゾとチームメイトだったことでも有名で、2014年1月にはミランの指揮官に就任している。ところが当時のミランは指針が定まっておらず、セードルフ就任あたりから暗黒の時期へと入ってしまった。セードルフが就任した2014年1月から数えるとガットゥーゾは6人目のミラン指揮官ということになる。

伊『Calciomercato』によると、セードルフは当時のミランが混乱状態にあったと振り返っており、ガットゥーゾが指揮を執る現在のチームとは状況が異なると語っている。

「私とガットゥーゾでは大きな違いがあると思うよ。私がミランの指揮官になった時、あらゆることがカオスだったからね。フットボールとは繋がりのないところで代償を払ったし、大きな失望があった。傷ついたし、長くミランに留まりたかったんだ。私が指揮を執った時チームは上手くやっていたと思う。勝ち点を35稼いだんだが、それでは不十分だったんだ」

セードルフ、フィリッポ・インザーギとバトンを繋いでいた時のことを考えると、今季は前半戦で苦しみながらも態勢が整ってきている。ガットゥーゾもサッカーに集中しやすいはずで、セードルフの頃に比べれば良い時に就任したと言えるかもしれない。

●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.197 緊急事態だからこそ広がる日本代表の可能性
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ