クロップ、バイエルンの新監督候補に 代理人の反応は……

リヴァプールを更なる高みへと導くのだろうか photo/Getty Images

「彼とバイエルンはフィットすると思うが......」

2015年10月よりリヴァプールで指揮を執っているユルゲン・クロップ監督。今季のUEFAチャンピオンズリーグで同クラブを準々決勝に導くなど、良好な戦績を収めている同監督だが、今季限りでの退任が濃厚なユップ・ハインケス監督(現バイエルン・ミュンヘン)の後任候補に挙げられている。

去就が注目されるなか、同監督の代理人が一連の噂について言及。同監督にバイエルン・ミュンヘンを束ねるだけの資質があると前置きしたうえで、近い将来における赴任の可能性を否定した。『INDEPENDENT.IE』が伝えている。

「欧州屈指のビッグクラブで指揮を執るチャンスがあることが、魅力的に映らないわけがない。彼であればバイエルンにフィットできると思うし、彼ら(バイエルン)がこの夏に新しい監督を呼びたがっているのは分かっている。ただ、彼は今リヴァプール以外のクラブで指揮を執ることを考えていない。リヴァプールとの契約も2022年まで残っているしね」

昨年4月に行われた独『sport1』のインタビューで、「複数のクラブを転々とする姿は想像できない。そういった状況になる前に監督業から引退するだろう」と語ったクロップ監督。無論、今後翻意する可能性も無きにしも非ずだが、リヴァプールが同監督の指導者キャリアの終着点となるかもしれない。




記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ