来季のCL&ELの規則が変更に! 1月に加入した選手の“参加資格”に変化

昨季のCL決勝戦より photo/Getty Images

“4人目交代”などの新ルールも

UEFA(欧州サッカー連盟)は27日、来季のチャンピオンズリーグ(CL)とヨーロッパリーグ(EL)で新たな規則を導入することを発表した。選手交代、及び選手登録に関する改定は以下の通り。

①延長戦に突入した場合のみ、4人目の選手交代が可能。

②CLとELの決勝戦、及びUEFAスーパーカップにおいて、計23名(先発11名、ベンチ入り12名)の出場選手登録が可能。

③CLとELの決勝ラウンドに進出したクラブは、グループステージ終了後に3名まで登録選手の変更(新加入選手の追加など)が可能。冬の移籍期間に加入した選手の参加資格に制限は課されない。

現行のルールでは1月の移籍期間中に加入した選手が前所属先で同一シーズンのCL本選に出場していた場合、移籍先で同一シーズンの決勝ラウンドに出場することができなかった。上記③の改定により、来年1月の移籍期間では例年以上にビッグクラブ同士の取引が活発になるかもしれない。



記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ