C・ロナウド、メッシに続くサッカー界の新たな“キング”に名乗り? アストン・ヴィラから世界の主役を目指す挑戦

アストン・ヴィラでプレイするベイリー photo/Getty Images

現段階では候補に挙がらないが……

クリスティアーノ・ロナウド、リオネル・メッシの2人は欧州を去り、サッカー界には新たなキングが誕生しようとしている。有力な候補者としてはパリ・サンジェルマンFWキリアン・ムバッペ、マンチェスター・シティFWアーリング・ハーランド、レアル・マドリードMFジュード・ベリンガムといった選手の名前が挙げられるだろうが、他に候補者はいるだろうか。

ここから世界へアピールできると自信を口にするのは、アストン・ヴィラFWレオン・ベイリーの代理人を務めるクレイグ・バトラー氏だ。ベイリーは所属するアストン・ヴィラにてリーグ戦8ゴール8アシストをマークしている26歳のアタッカーで、指揮官ウナイ・エメリの下で着実に成長している。

26歳は決して若いとは言えないが、バトラー氏はここからベイリーがもっとステップアップ出来るはずと自信を口にする。
「これからまだまだたくさんのことが待っている。レオンはまだポテンシャルの40%くらいしか発揮していないと思う。大事なのはタイミングだ。いつか彼が世界最高の選手になると私は信じている。彼はこれからもどんどん良くなっていき、いつか世界最高の選手と評価されるだろう。レオンの可能性には限界がないんだ」(英『The Sun』より)。

プレミアリーグで8ゴール8アシストの成績も悪くはないが、世界のトップを狙うには物足りない。ただ、ここから化ける可能性もゼロではない。チームも現在プレミアリーグで4位と好調だが、ベイリーはどこまで成長できるか。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.293 絶対無敵!レヴァークーゼン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ