米紙は“MOMに鎌田”を選出、久保は左サイドから最多3度チャンス創出 伊東・三笘頼りだった攻撃は改善された?

アメリカ戦で先制点を挙げた鎌田大地 photo/Getty images

収穫のあるゲームだった

日本代表は23日にアメリカ代表と対戦。2-0とクリーンシートでの勝利を飾り、9月の2連戦をまずは勝利で終えた。

このゲームで注目が集まったのは2列目の並びだろう。本来は南野拓実が入る左サイドのポジションに今季クラブで好調な久保建英が入り、トップ下でポジションが被るとされていた鎌田大地との同時起用となった。

試したことのない並びだったが、攻撃が機能不全に陥ることはなく、前線では上手くボールが回っていた。そもそもこれまで多く見られた南野の左サイドがチームに合っていなかった。左サイドではあるが、流れの中でポジションを変えるプレイヤーであり、トップ下の鎌田とポジションが被る。また南野が中央に流れることで左サイドにいるはずの選手がいなくなり、出し手としては選択肢が減ってしまっていた。
久保は左サイドに立ち、受け手として機能していた印象だ。激しいプレッシングでもボールを失わず攻撃を前進させることができ、単独での突破も相手の脅威になる。『FOTMOB』によると、久保は68分間でチーム最多の3度チャンスを創出している。

気になったのは左サイドバックの中山雄太との連携であり、まだ時間がかかるか。右サイドでは伊東純也と酒井宏樹が息の合ったプレイを見せていたが、左サイドでは同等のものは見られなかった。今後の課題であり、連携を深めたい。

ゴールを決めたこともあり鎌田の評価は高い。どこでもボールを収められるキープ力、センスのあるパスと武器は多く、ゴール前に飛び出すこともできる。能力の高いアタッカーであり、日本代表の攻撃を操っていたのはこの鎌田だ。守備時の強度も高く、トップ下を任せるのであれば鎌田しかいない。

米『ESPN』では日本対アメリカ戦を振り返っており、MOMとして鎌田の名前を挙げている。ゴール以外にもビルドアップへの関与を高く評価しており、大きなインパクトを残した。

これまでの日本代表はサイドからの個人技が主な攻撃方法だったが、鎌田が入ることで中央からの攻撃が活性化され、久保もそれに絡んでいた。守備時のタスクもこなすアタッカーが揃っており、伊東純也や三笘薫頼りになるサッカーからは卒業できそうだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.277 激闘プレミア後半戦

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ