ライバルはインザーギ、シェフチェンコ、リバウド、クレスポ 強すぎた“20年前”のミランの記憶

CLでも優勝候補筆頭だった当時のミラン photo/Getty Images

アンチェロッティがまとめた当時のベストチーム

現在のミランは若手の才能を伸ばし、そこに経験豊富なベテランを融合させたチーム構成となっており、決して札束攻勢で作り上げたチームではない。育成とピンポイントの選手補強が機能している印象だが、昔のミランはそうではなかった。

ミラン在籍時を振り返ったのは、2002年から3年間ミランで過ごした元デンマーク代表FWヨン・ダール・トマソンだ。

オランダのフェイエノールトからミランへ加入したトマソンは、在籍した3年間でフィリッポ・インザーギ、リバウド、アンドリー・シェフチェンコ、エルナン・クレスポらとポジションを争う必要があった。当時のミランはまさにスター軍団であり、スタメンに入るだけでも一苦労だ。

最終ラインにもカフー、アレッサンドロ・ネスタ、ヤープ・スタム、パオロ・マルディーニ、アレッサンドロ・コスタクルタ、中盤にもアンドレア・ピルロ、ジェンナーロ・ガットゥーゾ、ルイ・コスタ、カカー、クラレンス・セードルフらが揃っており、攻守ともに穴がない。

そんなスター軍団をカルロ・アンチェロッティがまとめ、ミランは2002-03シーズンのチャンピオンズリーグを制覇し、続く2003-04シーズンはスクデットを獲得。2004-05シーズンもチャンピオンズリーグ決勝まで進んでおり、成功に包まれた時期だった。

伊『Gazetta dello Sport』にて、トマソンも当時の3年間が厳しくも美しい時間だったと振り返る。

「当時のミランはベストチームだった。毎試合ポジションを勝ち取る必要があり、プレッシャーに対応しないといけなかった。素晴らしい3年間だったよ。チャンピオンズリーグ決勝には2度も進んだ。2003年は勝って、2005年はまぁ……。フットボールのキャリアには良い思い出がたくさんあるけど、あのリヴァプール戦は今もショックだよ」

当時のミランには今とは違うスター軍団ならではのプレッシャーがあっただろう。常に勝利が求められ、サポーターの要求も激しかった。

現在はサッカー界の資金力も変わってきているため、当時ほどのスター軍団を完成させるのは難しい。しかし、やはり名門ミランには勝利が似合う。昨季は久々にスクデットを獲得し、今季は連覇とチャンピオンズリーグでの好成績を求めた戦いが始まる。チームの強化方針は当時から変わっているかもしれないが、サポーターは常に勝利を欲している。再びミランが常勝軍団となる一歩を踏み出せるのか、今季のチャレンジにも注目が集まる。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.273 プレミア最新勢力図

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ