ルカクのインテル復帰でセリエAの勢力図は再び変わる? 得点王インモービレも歓迎する競争

チェルシーでは上手くいっていないルカク photo/Getty Images

得点王レースも荒れる

チェルシーでは大苦戦の1年となってしまったが、果たしてインテルにFWロメル・ルカクは戻ってくるのだろうか。

ルカクは昨夏にインテルを離れてチェルシーへ移籍したものの、リーグ戦8ゴールと苦戦。移籍金が9750万ポンドと高額だっただけに、一桁得点では不合格だろう。そして現在浮上しているのが1年でのインテル復帰案だ。

仮にこの復帰が実現すれば、新シーズンのセリエAタイトルレースは荒れる可能性が高い。2021-22シーズンはミランがスクデットを手にしたが、攻撃力ではインテルの方が上だろう。ミランが69ゴールを奪っていたのに対し、インテルはリーグトップとなる84ゴールを奪っている。ここにルカクが戻ってくれば、さらに数字は上がってくると予想される。

ルカクは2020-21シーズンにラウタロ・マルティネスと見事なコンビネーションを見せ、セリエAで24ゴールを挙げてスクデット獲得に大きく貢献している。1シーズン挟んでいるとはいえ、再びラウタロ&ルカクのコンビが実現すれば脅威だ。

得点王レースも気になる。2021-22シーズンはラツィオのチーロ・インモービレが得点王を獲得したが、2020-21シーズンは24ゴールのルカクが2位、ユヴェントスに所属していた現マンチェスター・ユナイテッドFWクリスティアーノ・ロナウドが29ゴールで得点王のタイトルを手にしていた。ルカクが戻れば、再び得点王レースも荒れるはず。

伊『Tuttomercato』によると、インモービレもルカク復帰案について「ルカクがイタリアに戻れば、リーグのレベルは上がる」とコメントしており、昨夏に得点ランク1位&2位が揃ってプレミアリーグへ向かってしまったことはセリエAにとっては痛手だったと言える。

また、王座奪還へ燃えるユヴェントスもMFポール・ポグバ復帰が決定的となっている。バランス力でスクデットを手にしたミラン、ルカクが戻れば攻撃力が増すインテル、ポグバ&ドゥシャン・ヴラホビッチのホットライン完成にも期待したいユヴェントスと、実現すれば新シーズンのセリエAは面白いものになるだろう。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.272 ラ・リーガ新2強時代へ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ