ウイングにセンターFWに幅広く活躍中 フランス2部で得点を重ねるオナイウ阿道

日本代表でも期待したいストライカーだ photo/Getty Images

今季7ゴール目を記録する

フランス2部リーグ・ドゥのトゥールーズは第23節でディジョンと対戦。4ゴールを決めて圧勝し、勝ち点3を獲得した。チームの4得点目を決めたオナイウ阿道は、2部で順調に得点を積み重ねている。

3トップの中央でスタメン出場したオナイウは、前線から起点となる動き出しでチームに貢献。3-1で迎えた81分には自らゴールネットを揺らし、今季7得点目を奪うなど輝きを放った。

今夏フランスへと挑戦したオナイウは、ここまで23試合7得点とゴールを重ねている。二桁ゴールも見えてきた同選手はセンターFWだけでなく左ウイングにも対応するなど、戦術理解度の高さを見せており、どちらのポジションでもゴールを奪える得点力も彼の大きな武器だろう。

オナイウはJ2時代にレノファ山口FCで霜田正浩監督の下で、22ゴールを記録するなど大きなブレイクを果たした。大分トリニータでは片野坂知宏監督、横浜F・マリノスではアンジェ・ポステコグルー監督と、Jリーグを代表する知将たちとともに戦ってきた経験は自身の財産になっているだろう。彼の順応性は日本で身に付けたものなのだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ