今季のCL得点王争いは異常 5試合で《9ゴール》も奪う2人のバトル

アヤックスを引っ張るハラー photo/Getty Images

歴史的な得点ペース

今季のチャンピオンズリーグは個人賞も面白い。

バイエルンFWロベルト・レヴァンドフスキと、アヤックスFWセバスティアン・ハラー。この2人がとんでもないペースでネットを揺らしているのだ。

現時点でグループステージ5試合を消化し、得点ランク首位は9得点を奪っている2人だ。

過去のチャンピオンズリーグの歴史を振り返ると、5試合消化時点での最多得点記録はレヴァンドフスキが2019-20シーズンに達成した10得点だ。今季レヴァンドフスキは自分の記録にあと1点のところまで近づくことになり、改めて恐ろしいストライカーだ。

ただ、そのペースにハラーがついていっているのはサプライズだった。まさかレヴァンドフスキとハラーが得点王争いを展開するとは誰も予想していなかったのではないか。

レヴァンドフスキも止められない photo/Getty Images

今季の得点王に輝くのは誰だ

チャンピオンズリーグ・グループステージ5試合終了時点での歴代得点記録では、リオネル・メッシもバルセロナ時代の2016-17シーズンに9得点、シャフタール・ドネツクでプレイしていたブラジル人FWルイス・アドリアーノも同じく9得点を記録したことがある。今回のハラーはそのアドリアーノと似た驚きがある。

8得点では2019-20シーズンにザルツブルクでプレイしていたFWアーリング・ハーランド、2017-18シーズンと2013-14シーズンにレアル・マドリード時代のFWクリスティアーノ・ロナウド、2013-14シーズンにパリ・サンジェルマン時代のFWズラタン・イブラヒモビッチ、2004-05シーズンにはマンチェスター・ユナイテッドでFWルート・ファン・ニステルローイが達成している。

ハラーは彼らの数字を超えたことになり、いったいどこまで数字が伸びるのか興味深い。

ちなみにチャンピオンズリーグにおけるシーズン最多得点記録はクリスティアーノ・ロナウドが2013-14シーズンに達成した17得点となっている。この数字にはレヴァンドフスキも届いておらず、レヴァンドフスキの最多は2019-20シーズンの15得点だ。

ロナウドの数字を超えるには、ファイナルまで駒を進めないと厳しいだろう。アヤックスとバイエルンはグループステージ5連勝と絶好調だが、決勝トーナメントでも2人は得点を量産できるのか。今季の得点王争いは一味違った注目を集めている。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.265 CL激闘必至の3番勝負

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ