古巣に“逆オファー”するブラジルの偉大なSB アウベスはバルセロナに必要か

今夏にはOA枠で東京五輪にも参戦したアウベス photo/Getty Images

38歳を迎えた大ベテラン

長年クラブの象徴としてチームを牽引したアルゼンチン代表FWリオネル・メッシを失い、ついに新たな時代へと動き出したバルセロナ。しかし、ロナルド・クーマン監督の下で彼らの新たな旅路はなかなかに険しいものとなっている。今季は開幕から7試合を終えて3勝3分1敗。2010年代には常に優勝争いをしていた同クラブだが、2021-22シーズンはここまで9位と苦戦を強いられることとなっている。

しかし、そんなバルセロナの危機を、かつて黄金期を支えた大ベテランが救うのか。一度は母国へと帰還したものの、ブラジル代表DFダニエウ・アウベス(38)がバルセロナへの復帰を希望しているという。

今年9月にブラジルの名門サンパウロを契約を解除し、現在はフリーの身となっているアウベス。スペイン『AS』によると、国内クラブからも複数の獲得オファーは届いているようだが、現時点でアウベスはすべての誘いを保留。窮地に陥る古巣バルセロナの危機を救うため、冬の移籍市場におけるスペイン行きを画策しているとのことだ。

「僕が去ってからバルサに起こったことは、あまり見たくなかったね。必要とすれば、彼らはいつでも僕を自由に呼び戻すことができる。僕がこのクラブに対して抱いている愛情やリスペクトの気持ちはあまりにも大きすぎる。バルサが僕を欲するなら、ただ電話をかけるだけでいい。僕はまだ彼らのために貢献できると思っているよ」(『ASより)

アウベス本人も、スペインメディアのインタビューに対してはこのようなコメントを残している。もう38歳を迎えた大ベテランだが、彼の実績は抜群。たとえほとんど試合に出場できなかたとしても、チームの若手に勝者のメンタリティを植え付ける役割は十分にこなしてくれることだろう。また、サンパウロとは契約解除済みであることから、移籍金がかからない点もポジティブだ。

チームにはセルジーニョ・デスト、オスカル・ミンゲサ、セルジ・ロベルトといった右サイドバックがいるものの、彼らとはまた一風変わったタスクをこなすことができるアウベス。高齢という点は確かにネックだが、バルセロナが獲得するのは決してナシではないだろう。はたして、ブラジルの大ベテランは冬の移籍市場でスペインへと舞い戻ることとなるのだろうか。今後の動向には注目だ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.263 監督で観る欧州蹴球

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ