プレミアBIG6を崩す“究極のビッグプレイヤー” 数字で見るサラーの勝負強さ

リヴァプールの得点源サラー photo/Getty Images

大勝負での強さが魅力

リヴァプールFWモハメド・サラーはすっかりワールドクラスのアタッカーとなったが、中でも凄いのはビッグマッチで結果を出す勝負強さだ。

先日のマンチェスター・シティ戦でも見事なドリブル突破からゴールを決めたが、サラーはプレミアのBIG6と呼ばれるクラブとの対戦を苦にしていない。

これまでBIG6と62試合を戦い、得点とアシストを合わせて42点に関与しているのだ。1試合平均0.68点に絡んでいることになり、この勝負強さは見事と言うしかない。

似た数字では、今夏にマンCからバルセロナへ移籍したFWセルヒオ・アグエロもBIG6との相性が良かった。

アグエロの場合は98試合で67点に関与している。1試合平均にすると、サラーと同じ0.68点だ。

この結果から、スペイン『Tribuna』はサラーを「アルティメット・ビッグゲームプレイヤー」と絶賛している。プレミアの歴史に名を残すのは間違いないだろう。

今季リヴァプールが優勝できるかはサラーにかかっている。ビッグマッチで結果を出してくれるサラーこそチームにとって最大の希望だ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.262 プレミア新BIG4時代

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ