デュエルの強さだけじゃない 豪州戦で遠藤航が見せたカウンターへの第一歩

かじ取り役として豪州を苦しめた photo/Getty Images

アンカーとして先発した

日本代表とオーストラリアの一戦は2-1で日本が勝利した。この試合でアンカーに入った遠藤航は攻守に輝き、チームを勝利へと導く。

[4-1-2-3]のアンカーを務めた遠藤航。ポジション時には最終ラインに入りながら守備のタスクをこなすだけでなく、カウンターとなれば積極的に前線へと攻め上がった。

そんな遠藤はアンカーとして舵取り役と、中盤からの配球役も務めた。インターセプトやタックルなど守備での活躍が目立った遠藤だが、この試合でのパス成功率は両チームトップの「92.3%」を記録。カウンターの第一歩として攻撃の起点にもなった(データは『SofaScore』より)。

昨季はブンデスリーガでデュエル勝利数がトップに立つなど対人の強さが目立った遠藤。その対人の強さを継続しながらパスや攻撃でも好記録を残しており、日本代表でも欠かせない存在となっているのだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.262 プレミア新BIG4時代

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ