ルカクやC・ロナウドだけじゃない プレミアで注目すべき昇格組のストライカー

ブレントフォードで印象的な活躍を披露しているトニー photo/Getty Images

「とてもドログバに近いものを感じる」

今季プレミアでプレイするストライカーのなかでも、最も大きな注目を集めているのは誰か。おそらく、それはチェルシーのベルギー代表FWロメル・ルカクやマンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドあたりだろう。昨季セリエAで得点王争いを繰り広げた彼らは、ともにかつてプレイしたクラブに舞い戻って躍動中。ここまで両者とも3得点を挙げており、チームの最前線に欠かせぬ存在となっている。

しかし、そんなド派手なストライカーが目立つ一方では、昇格組にいる優秀な点取り屋のことも忘れてはいけない。ルカクやC・ロナウドほどの知名度を誇るわけではないが、プレミアファンの間で密かに注目度が上昇しているのがブレントフォードに所属するイヴァン・トニーだ。

昨季はチャンピオンシップ(英2部)で45試合に出場し、驚異の31ゴール10アシストという成績を残したトニー。プレミアでどこまで通用するかは未知数な部分があったものの、このストライカーは世界最高峰の舞台でもその能力を遺憾なく発揮している。フィニッシュの精度はもちろんのこと前線でのチャンスメイクも上質で、サイドに流れてからのドリブルや味方が入れた楔のパスをフリックする足元の巧さも目立つ。

「ロッカールームでは、確か誰かがイヴァンのことをディディエ・ドログバと比較していたね。実際、その時は僕も似ていると思ったよ。ボールキープやファーストタッチ、パス、ヘディングのやり方あたりは、とてもドログバに近いものを感じるね。本当に素晴らしい選手だよ。味方でよかった」(英『Daily Mirror』より)

そんなトニーに関しては、チームメイトのMFクリスティアン・ノアゴーもこのように語っている。屈強な身体を武器にゴール前で相手の脅威となり、味方を活かす動きも上手いトニー。そのスタイルからすれば、たしかに仲間たちがドログバと表現するのも頷けるだろう。

昇格組で暴れる25歳のストライカー。このまま順調に結果を残し続けることができれば、もしかすると数年後にトニーはプレミアでも伝説的な存在となっているかもしれない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.263 監督で観る欧州蹴球

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ